【大人の色気】人気の髪型、ロブを徹底解説!ナチュラルこなれ感でモテヘアを実現

テレビドラマやCMで活躍する女優さんたちの間で、サラサラのロングヘアでもなく、ボーイッシュなショートカットでもなく、肩くらいの長さで毛先が無造作に跳ねているようなヘアスタイルを見かけることはありませんか。そんなヘアスタイルは、巷の女性の間でも流行していているようで、「ロブ」といわれるスタイルです。さてロブとはどんな髪型のことなのでしょうか。少し詳しく説明してみましょう。
 

ロブとは?

熊倉
ロブはロングヘアでもショートでもなく、ちょっと中途半端な肩くらいまでの長さで、伸ばす途中かな?とも思われるような長さの髪型です。ロングよりも短くボブよりも長めの、ロングボブから「ロブ」といわれます。顎下から鎖骨あたりまで約10cmくらいの幅があり、その間で好きな長さにカットをしてもらえばロブの出来上がりです。そんな中途半端な長さとナチュラルな雰囲気が、大人の色気やおしゃれ感を感じさせるヘアスタイルです。

 

ロブのおすすめポイント

ロブのおすすめポイントとしては、1つ目に、切ったままのナチュラルなヘアスタイルなので、毛先が肩まで届くとあちこちにはねてしまいますが、そこが可愛いということです。外向きにはねたり内向きにはねたり、毛先が遊んでいる雰囲気が可愛いといわれます。2つ目は、ナチュラルも良いですが、好きなようにアレンジをすることもでき、またそのアレンジをいろいろ楽しめるところでしょう。パーマを当てたりカールを巻いてみても良いし、前髪を作ったり、分け目を変えてみたり、気分によって自由にアレンジができます。3つ目のポイントは、サイドの毛が顔にかかってくることもあり、その時に小顔に見せられるという効果が期待できるということも、ロブのおすすめポイントです。

 

おすすめのロブスタイル

ロブは長さにも幅があり、分け目や前髪のあるなしも様々で、自分好みにアレンジができます。また顔の形によってもお似合いのアレンジ法があります。例えば面長な顔の人は前髪をつけて、サイドをふんわりさせると良いでしょう。また丸顔の人は前髪はなしでサイドはボリュームを少なめにして、ストレート感のあるラインにすることで、縦と横のバランスが良くなります。

 

(1)ストレートロブ


ストレートな髪を生かしたスタイルです。王道のシンプルな形で巣が、ふんわりした形が、ナチュラルで清楚な大人の女性らしい印象を与えます。同じストレートでも前髪をかき上げてオイルワックスをつけると、もっと大人っぽい色気を感じさせる印象になります。
 

(2)ロブパーマ


ナチュラルな感じのパーマをかけると軽やかな感じに仕上がります。また毛先にパーマをかけると毛先に動きが出て、ストレートロブよりもふんわりと柔らかい印象にすることができます。髪の長さが長めでも、ゆるくふんわりとしたパーマをかけてレイヤー風にすると、軽やかな雰囲気に仕上がります。それに前髪を眉毛の上でカットをすると、外国の女性のようなかわいいナチュラルウェーブの出来上がりです。
 

(3)ショートバングロブ


前髪をおでこの真ん中くらいまで短くカットしたショーとバングと組み合わせると、ピンクが似合いそうなガーリーな雰囲気の女性が誕生します。ナチュラル間のある洋服にも合うヘアスタイルです。またショーとバングには、柔らかいウェーブのかかったスタイルともよく合います。
 

(4)内巻きロブ


内巻きをプラスすると、ストレートの時よりもふんわりしたシルエットになり、より女性らしい印象になります。内巻きにすると髪の毛の黒い人は重く感じることがあるので、少しブラウン系の優しい色でカラーリングをすることをおすすめします。ふんわりと内巻きにしたうえ、幅広い前髪を作ると、よりおしゃれな感じにすることができます。
 

(5)外ハネロブ


毛先の方を外にはねさせることで、カッコよさが出てきます。外はねはくせ毛のような柔らかいウェーブが出て外国の女性のような印象にもなります。外はねの髪型に、前髪をかき上げるようにすると大人の女性という府に気がさらに出ます。またカラーをベージュっぽい色にすることで、上品さが生まれます。次に、前髪を作る場合には、長めにカットをすることで、カジュアルな雰囲気からシックな雰囲気にまで仕上げることができます。
 

(6)アレンジスタイル


ふんわりとパーマをかけたり、内や外に巻くヘアスタイルなど、様々な形を楽しむことができますが、さらにアレンジをするとすれば、片方の前髪を耳にかけるようにして、そこをおしゃれなピン止めで留めてみるだけでもとても雰囲気が変わります。また後ろの髪の毛を三つ編みで編み、上の方の髪の毛を少し、くしゃくしゃと手でほぐした感じにすれば、普通に三つ編みをするよりも軽い感じで、可愛くなるので、大人可愛い装いにもピッタリな髪型になります。さらにトップを後ろに回して両サイドと後頭部の方の髪の毛を束ねて三つ編みにし、ピンでとめるとアップしたヘアスタイルになり、華やかな雰囲気の女性になります。
 

(7)切りっぱなしロブ


何のアレンジをしなくても、普段は切ったままの状態で、毛先が跳ねているナチュラルヘアも可愛くて人気です。気分次第で毛先を巻いたりパーマをかけたり、前髪を上げたりして、好きなようにアレンジが楽しめます。夏になるとうなじの部分が暑く感じるようになりますが、その時は三つ編みをしたり、ポニーテールのように高いところでくくっても、可愛いカールの毛束ができて可愛いですよ。
 

(8)シースルーバング


前髪をすいて透明感を出すことで、軽い印象が出るので、特に丸顔の方にはお勧めです。艶っぽさも醸し出してくれ、どことなく大人の雰囲気が漂うヘアスタイルになります。
 

まとめ

ロングヘアでもなく、ショートヘアでもなく中途半端な長さの髪型ですが、切りっぱなしで何もしなくても自然な感じの羽根ができで可愛い印象になります。気分に応じてパーマを当ててふんわりとさせたり、ピンで留めたりしても可愛いでしょう。大人の雰囲気を出したい場合は、前髪をかきあげたような状態でにすると色気のある洗練された雰囲気の大人っぽさを演出することができます。いろんな形にアレンジできるので、デートの時、友達と遊びに行くときなど着ていく服装に応じても髪型を変えて、イメージチェンジをすることができます。そんなk舞潟が若い女性の間でもとても人気になっています。