【前髪アレンジ】前髪に変化をつけることでヘアスタイルに変化をつけよう!

ヘアスタイルをアレンジして周りと差をつけたいと考える人が多いですが、最近では特に前髪をアレンジすることが流行っています。前髪に変化をつけることで、簡単にその人が持つ雰囲気を変えることができるのでおすすめです。
 

前髪アレンジとは?

前髪アレンジは、具体的にどのようなことを行うのだろうと疑問に感じている人もいるかもしれません。前髪を編み込んだりアクセサリーをつけたりすることが、これに含まれます。基本的に高度な技術は必要ないので、誰でも挑戦することができるはずです。

 

前髪アレンジスタイル

どのように変化をつければ良いのか分からない人もいるかもしれません。そこで簡単な方法を紹介していきます。基本的なスタイルから応用的なスタイルまで紹介するので、アレンジを行うときの参考にしてみてください。

 

(1)ショートアレンジ


ショートの場合は、カーラーやアイロンで巻いてセットすることがおすすめです。クセ毛風のナチュラルなカールをつけると、一気にこなれ感が出ます。カジュアルなタイプからキレイ系のタイプまで、幅広いタイプの雰囲気に適応することができるはずです。カーラーをつけてドライヤーで少しあたためる方法や、アイロンでくるりと巻くことで完成します。
 

(2)ボブ前髪アレンジ


サイドはそのままで、前髪だけアイロンで動きをつけることがおすすめです。きっちりとしたボブはフェミニンな印象で可愛いですが、ずっと同じ髪型では飽きてしまう人も少なくありません。前髪に動きをつけると飽きがこない髪型に変化します。ニュアンスボブに仕上げることができるので、おしゃれ感も一気にアップするはずです。
 

(3)ミディアム前髪アレンジ


ミディアムヘアの人は、ミニポンパを作る前髪がおすすめです。前髪を二つに分けた部分とトップの一か所から毛束を作ります。それぞれをねじってつむじ方向にピンで留めてください。それぞれの毛束から髪を引き出せば完成します。顔回りがすっきりするので、お仕事のときにもピッタリなスタイルに仕上げることができるでしょう。初めて挑戦するときは難しいと思うかもしれませんが、数回練習すればコツが掴めて誰でも簡単にアレンジできるようになります。
 

(4)ロングの前髪アレンジ


ロングの人の前髪は深くから髪の毛をとり、横に流してピンで留めてスタイリングすることがおすすめです。この簡単な作業だけで、洗練された大人の雰囲気がある人だと思われるようになります。手ぐしでざっくりと分けることで、きっちりしすぎることがなく、柔らかな印象を与えることが可能です。すっきりと分けられた前髪のおかげで、大人の女性らしさをアピールすることができます。ピンで留めるときは毛束の下に隠れるように留めてください。
 

(5)前髪かき上げ


前髪をかき上げたスタイルは、「できる女」感があることで人気です。しかしながら、本当にかき上げるだけでは、ちょっとしたことでヘアスタイルが崩れてしまいます。前髪の半分を手ぐしでかき上げた後に、二か所から三か所ほど毛先をピンで留めましょう。そうすることで、動いたときや風によって崩れることもなく、かき上げたスタイルを維持することができます。残した半分の前髪にはワックスをつけて、毛先の流れに沿った動きを出しておくと良いでしょう。
 

(6)前髪編み込みスタイル


前髪を編み込んだスタイルは、顔回りがすっきりとするだけではなく華やかな印象を与えることができます。前髪とサイドの髪を編み込んだ後に、耳の上で飾りピンを留めてみましょう。毛量が多いなどの理由でピンが留まりにくい場合は、アメピンで固定してから行ってみると良いです。難しそうに思うかもしれませんが、慣れれば簡単なので、まずは休日にチャレンジしてみることがおすすめだと言えます。デートにもピッタリな髪型にすることができるはずです。
 

(7)シースルーバング


おでこが透けて見えるシースルーバングは、若い女性を中心として人気のある前髪です。まんべんなくおでこが透けて見えるように、間引くようなイメージで前髪をまばらにつまんでピンで留めます。シースルーバングを試してみたかったけれど、前髪をカットしたくはないと感じていた人におすすめです。ピンだけでシースルーバングを実現することができるので、オルチャン風の前髪にしたいときはピンを使ってシースルーバングを作ってみてください。
 

(8)センターパート


前髪を分けるだけのセンターパートは、簡単にクールなイメージを作ることができます。トップの分け目を前から後ろへと、大胆に崩していくことがポイントです。ジグザグに分けることでこなれ感が出ます。前髪の毛先をワックスで固めてキープしておくことも大切なポイントです。ハネやすい髪にはハードタイプのワックスを選び、毛束をねじりながらつけていくことで、長い時間であってもしっかりとキープできる前髪を作ることができます。
 

(9)前髪ポンパドール


ポンパドールはクール感と女らしさを両立することができるヘアスタイルです。前髪全体をトップでひねって結び、ポンパドールを作ります。このときに強く縛っておかないとセット中に崩れてしまう可能性があるので要注意です。結び目を手で押さえながら髪を上につまみ出します。量が少ないとボリューム不足になるので、大胆に引き出すくらいでちょうど良いはずです。結ぶだけで簡単にできる前髪アレンジなので、不器用な人でもチャレンジしやすいと言えます。
 

(10)前髪流し


ヘアアイロンを使用して前髪を横に流してスタイリングすることでも、簡単に印象を変えることができます。アイロンは顔に対して横に持つのではなく、縦向きに持つようにすることがポイントです。縦向きに持ったアイロンに前髪を挟み、髪の中間から軽く半回転させます。半回転させた後は、すぐにアイロンから外しましょう。外巻きするイメージでアイロンを使って前髪を流せば、ゆるやかなシルエットが大人の可愛さを際立たせてくれるヘアスタイルになります。
 

(11)ゴムで前髪アレンジ


ゴムを使って前髪に変化をつけたい場合は、くるりんぱがおすすめです。くるりんぱは後ろでするものだと思っている人もいるかもしれませんが、前髪で行うと可愛いのにきちんと感があるヘアスタイルになります。オフィスからプライベートまで幅広いシーンで活躍するアレンジを行うことができるはずです。トップとサイドごと前髪をとってくるりんぱしてください。ゴムの近くの髪の毛を引き出すと、ボリュームアップしてナチュラルになります。
 

(12)バレッタで前髪アレンジ


仕事終わりに飲み会やデートに参加するのであれば、バレッタを一つ用意しておくと便利です。耳の上の髪の毛を後ろに引っ張りながらぐるぐるとねじり、大きめのバレッタで留めるだけで完成します。慣れれば鏡がない場所でもサッとバレッタを留め、後からコンパクトミラーなどで仕上がりを確認することができるはずです。短時間でフェミニンな雰囲気に変身することができるので、とても重宝するスタイリング方法だと言うことができます。
 

(13)スカーフで前髪アレンジ


モード感を出したいときはスカーフを使用することがおすすめです。頭頂部でスカーフをクロスし、そのまま後頭部へ向かって下ろしたスカーフを結ぶだけで完成します。結び目は目立たないように内側に隠してしまうと良いです。バッグにお気に入りのスカーフを結んでおけば、外出中や仕事終わりでもアレンジを行うことができます。色や柄が派手すぎると悪目立ちすることがあるので、寒色ベースのスカーフやシンプルな柄のスカーフがおすすめです。
 

(14)アメピンで前髪アレンジ


アメピンを用意しておけば、難しいテクニック不要の簡単なアレンジを行うことができます。前髪の全体を8対2くらいの割合でざっくりと分けた後に、多いほうの髪の毛をたゆませながらアメピンで留めてください。髪を持っていない、もう片方の手で髪を引き出して丸みを作れば、簡単に可愛らしいヘアスタイルが完成します。短い髪の毛の場合はキープスプレーなどを用いれば崩れることなく、スタイリングした状態を長時間維持することが可能です。
 

(15)スプレーで前髪アレンジ


前髪を8対2くらいの割合で分けた後は、指で少しずつ毛束を持ち上げてハードスプレーをかけていきます。少しずつ束を作ることで動きを出すことが可能です。はらりと顔や目にかかる前髪は大人の色気をアップしてくれます。サイドや後ろはそのままでも、まとめていても可愛いはずです。デートのときなど大人っぽさと色気を出したいと感じているときには、スプレーを使用して簡単に色気のある女性に変身しましょう。ハードスプレーを使用することで、動いても大きく崩れてしまうことがありません。
 

まとめ

前髪アレンジは誰でも簡単に挑戦することができます。選んだ方法によって異なる雰囲気を出すことができるので、毎日同じヘアスタイルでは飽きてしまうと思っている人におすすめです。ピンやワックス、アイロンなど女性であれば持っていることが多い道具で行えるスタイルが多いことも嬉しいポイントだと言えます。いつものヘアスタイルを変えてみたいと考えているのであれば、髪の毛全体を変える必要ないので、アレンジに挑戦してみましょう。