【2019年最新】美容師が選ぶヘアリキッドのおすすめ10選!おすすめの髪型も

整髪料をヘアスタイリングのために、日頃から利用している方は多いです。特にほとんど成人男性は髪型を整えるため、日常的に整髪料を使用しているのはないでしょうか。そんな整髪料のひとつにヘアリキッドがありますが、この整髪料の役割や使用する上で得られるメリットなどはあまり知られていません。

アシスタント
ヘアリキッドはどんな役割をするのでしょうか?

今回は、ヘアリキッドとはどのような整髪料なのか、選び方、おすすめの商品や髪型を紹介します!!

ヘアリキッドとは?

 
この整髪料は鉱物油や植物油を使用しており、髪に使用することで髪に爽快感と潤いを与えることが出来ます。直接頭皮には使用せずにヘアワックスと同じように使用することがポイントです。
ポマードのようにガチッとしたスタイリングが苦手という方には、ソフトなスタイリングを維持することが出来るので特におすすめです。固めすぎず髪にコシやハリを出したい時などに使用されることが多いです。
 

ヘアリキッド・ヘアトニックは違う?

 
ヘアリキッドと混同されやすいヘアトニックですが、ヘアトニックは髪や頭皮に使用する頭部専用の化粧水の役割をもっています。
さらっとした使用感で頭皮のケアに使用することで、抜け毛予防血行促進、爽快感を得ることが出来る特徴があります。
顔のスキンケアを行うように、髪や頭皮のスキンケアを行うことでしなやかで美しい髪を維持し、薄毛や炎症を防ぐ対策に使用することが出来ます。
 

アシスタント
ヘアリキッドとヘアトニック、それぞれどのような人におすすめできるのでしょうか?
熊倉
作りこみすぎない自然なヘアスタイルが好きな方には、ソフトに仕上げてくれるタイプのヘアリキッドをおすすめします。セット力の強すぎないタイプなら、固めすぎず、かなりナチュラルな雰囲気に見せることができます。
ヘアトニックは、抜け毛やフケ、かゆみなどでお悩みの方におすすめです。爽快感のある使い心地が気持ち良く、リフレッシュ効果が期待できるのも魅力の一つです。

ヘアリキッド選びのポイント

 

(1)成分をチェック

 
市販されている製品によって配合されている成分は異なります。グリセリンが配合されている場合は保湿効果を髪に与えることが出来ますし、紫外線吸収剤が配合されていれば、長時間屋外にいる場合も髪へのダメージを防ぐことが出来るメリットがあります。髪全体のダメージが気になる場合は、保湿成分が含まれているヘアリキッドであれば髪のコンディションを整えてくれるのでおすすめです。
たばこの臭いが気になるという男性には、スモーキーカット香料が含まれている製品が人気となっています。
 

(2)香りもチェック

 
普段香水を利用しないという男性は、特にスタイリング剤における商品選びのポイントとして香りが重要となってきます。特にリキッドタイプはしっかりと香り付けされている商品が多いので、店舗でサンプルをチェックすることが出来るのであれば香りを確認をしたり、利用者の商品レビューなどを参考にしてみることもおすすめです。
反対に香水やボディコロンを日常的に使用しているという方には、香りが残りにくい微香性タイプや無香料タイプを選択すると香りが喧嘩をしません。
 

(3)髪質に合わせる

 
ヘアセットをきちんと行うためには、どのようなスタイルにしたいのか、自分の髪質にあっているのかでスタイリング剤を選ぶ必要があります。特に髪量が少ない場合や、髪の毛が細い猫っ毛の男性の場合は全体的にボリュームを出すことが出来る製品を選択することがおすすめです。
テクスチャや使用感が軽いタイプを選択すると、スタイリング剤を利用した際に起こりやすいぺたんとした仕上がりになりにくく、自然にボリューム感を出すことが出来ます。
 

(4)テクスチャ

 
スタイリング選びをする上で重要なポイントになるのが、テクスチャに注目することです。ヘアリキッドは仕上げたいスタイルに合わせてテクスチャに大きく違いがありますが、かっちりとしたスタイルに使用するタイプはどうしてもベタつきが気になりやすいです。
そのため基本的にベタつきが少なく、さらっとした質感のタイプを選択することをおすすめします。
軽い使用感のタイプであれば、通常のシャンプーでも簡単に落とすことが出来るので普段使いとして問題なく利用することが可能です。
 

(5)口コミを参考にする

 
初めてリキッドタイプのスタイリング剤を利用するという方は、様々なメーカーから販売されているので選ぶのに悩んでしまう方は多いです。
そのような場合におすすめなのが口コミ評価を参考にする方法です。最近では大手通販サイトや口コミサイトで、商品を利用している方の口コミなどが簡単にチェック出来るようになっています。
使用している方の年齢や髪質、ビジネス用なのか普段使い用なのかなど、利用者のプロフィールを参考にして自分にあった製品を選ぶようにしましょう。
 
 

ヘアリキッドのおすすめランキング10選

(1)ヘアリキッド 微香性シトラス

メーカー 柳屋
価格/内容量 606円/240ml
商品特徴 ヘアスタイルをスピーディーにしっかりキープする。

セット力が高いリキッドタイプのスタイリング剤を探している方におすすめの商品で、髪質を問わずにビシッとしたまとまり感のある仕上がりにすることが出来る特徴を持っています。男性用のスタイリング剤にありがちな強い香りではなく、微香性なのでビジネスシーンでも問題なく使用することが出来ます。紫外線吸収剤と保湿剤が配合されているので、屋外での紫外線ダメージから髪を守ることが可能です。
 
Amazonで詳細を見る

 

(2)ルシード ヘアリキッド

メーカー マンダム
価格/内容量 818円/200ml
商品特徴 髪によくなじんでベタつかず、自然なツヤを与えてしっかりまとめます。

あっさりめのテクスチャで、ベタつきが苦手という方でも安心して利用することが出来ます。程よく髪を落ち着かせてツヤを出してくれる効果があり、髪のダメージが目立ちパサつきを抑えてまとめたいという髪質の方に向いています。かっちりと固めないのでナチュラルなスタイルに仕上げたいという方におすすめで、無香料なのでどのような場面でも使用することが可能です。香水やボディコロンを普段から利用している方にもおすすめです。
 
Amazonで詳細を見る

 

(3)4711 ポーチュガル ヘアリキッド 【HTRC3】

メーカー 4711
価格/内容量 2690円/150ml
商品特徴 スイートオレンジがやさしく香る整髪料。髪つややか、しなやかなスタイリングに整える。

ロングセラーの定番商品として人気のスタイリング剤です。柑橘系の爽やかな香りが特徴で、比較的持続性が高いことから香水が苦手な方でも気軽に香りを楽しむことが出来るアイテムとしても人気があります。使用感はさらっとしたテクスチャでベタつきにくく、髪全体に自然なツヤを出してまとまり感を出すことが出来ます。パサつきが気になる髪質に向いています。
 
Amazonで詳細を見る

 

(4)シセイドウメン ヘアリキッド

メーカー 資生堂
価格/内容量 3217円/200ml
商品特徴 爽やかな匂いで柔らかく髪がまとまりやすいスタイリング剤

立体的なスタイルに仕上げることが出来る特徴を持っており、ボリュームが出しにくい猫っ毛の方や、髪のボリュームが少ない方におすすめです。湿気に強い上にベタつきにくいので長時間スタイリングしたての状態を維持することが出来るメリットを持っています。スモーキーカット香料が配合されているので、髪にたばこの臭いがつくのが気になるという方に向いており、フローラルグリーンの香りで強い香りが苦手な方でも使いやすいです。
 
Amazonで詳細を見る

 

(5)アウスレーゼ トロッケン ヘアリキッド

メーカー アウスレーゼトロッケンヘアリキッド
価格/内容量 1533円/198ml
商品特徴 べたつき・ごわつきがなく、ソフトなヘアスタイルに仕上がります。 水をつければ、再整髪できます。 持ちやすい樹脂ボトル入り。

ソフトで軽い仕上がりにすることが出来るスタイリング剤となり、ナチュラルな仕上がりが好きな方におすすめの商品です。寝癖直しとしても利用することが出来るので、髪にササッとなじませて髪にまとまり感を出すことが出来ます。香りは他の製品に比べてもしっかり香る特徴を持っているので、強い香りが苦手という方は事前に香りの強さなどを確認する必要があります。
 
Amazonで詳細を見る

 

(6)JPコロニア ヘアリキッドEX

メーカー JPコロニア
価格/内容量 2099円/160ml
商品特徴 100%天然香料

100%天然香料を利用した爽やかなオレンジの香りがするスタイリング剤です。年齢によってまとまりにくくなってきた髪質にも使いやすく、ホールド力は無いですがナチュラルな仕上がりになるので、日常使いがしやすい製品となっています。香りは飛ぶのも速いので、香水との併用でも邪魔になりにくい特徴があります。
 
Amazonで詳細を見る

 

(7)ブラバス ヘアリキッド

メーカー ブラバス
価格/内容量 1680円/270ml
商品特徴 セット力も有り自然なつやでソフトに仕上がるヘアリキッドです。

しっかりめのツヤを出すことが出来る商品で、
髪のダメージが強くパサつきを改善したい時などに向いています。
さらっとしたテクスチャでセット力もある程度あるので様々な場面で活躍してくれます。
セット力がある程度ありますが、パリパリとした仕上がりになりにくくソフトなスタイルが維持出来ます。
香りも使用感も定番の商品となっているので、初めての方でも使いやすい特徴を持ちます。
 
Amazonで詳細を見る

 

(8)エムジー5 ヘアリキッド(F)

メーカー 資生堂
価格/内容量 1250円/300ml
商品特徴 自然なつやでヘアスタイルをソフトに仕上げるヘアリキッド、ロングセラーのベーシックタイプ。

ロングセラー商品の昔ながらのベーシックタイプのスタイリング剤です。香りも使用感も変わらず懐かしさを感じる方も多いようです。ただフローラル系の香りは人によって好き嫌いが分かれるので、事前に香りのチェックをしておくことをおすすめします。
使用感は軽めのテクスチャで、ソフトに仕上げることが出来ますし髪質や長さを問わずに使用することが可能です。
 
Amazonで詳細を見る

 

(9)バイタリス ヘアリキッド

メーカー バイタリス
価格/内容量 558円/355ml
商品特徴 さわやかなシトラスフローラル調の微香性。

価格が430円と非常にリーズナブルで、初めてリキッドタイプのスタイリング剤に挑戦する方でも気軽に利用することが出来る商品です。使用感も髪になじませやすく、まとまりのあるスタイルに仕上げることが可能です。髪がぺたんとなりにくく適度にボリュームを出したいという方におすすめの商品となっています。
 
Amazonで詳細を見る

 

(10)マンダム ヘアリキッド

メーカー マンダム
価格/内容量 808円/330ml
商品特徴 自然なツヤでベタつかずにソフトに仕上げる、リキッドタイプの男性用整髪料です。
髪が柔らかい方向け。

髪になじませると髪全体にほどよいツヤを出してくれますが、不自然な仕上がりになります。髪の量が少なかったり柔らかい髪質の方に向いており、ソフトなスタイルに仕上げたいと思っている方におすすめの商品です。微香性で強く香りは残りませんが、ロングセラー商品ということもあり懐かしい香りで好みが分かれる可能性があります。
 
Amazonで詳細を見る

 

ヘアリキッドを使ったおすすめの髪型

 

(1)オールバック

 
このスタイリング剤を利用したおすすめの髪型の一つがオールバックです。スタイリング剤を髪になじませてから髪全体を後ろに流すスタイルで、男性らしさを引き立たせることが出来る上にビジネスシーンに向いています。最近ではツーブロックやパーマ、分け目など様々な角度でアレンジを加えることが出来るようになっており、自由度やおしゃれ度が高いヘアスタイルとして人気が高くなっています。
 

(2)マッシュルームカット

 
髪全体をのばして丸みを出して、前髪をまっすぐ切りそろえたスタイルをマッシュルームカットと呼びます。リキッドタイプのスタイリング剤は髪に適度なボリュームを出すことが出来ますし、ツヤやコシを出すことが出来るのでこの髪型に向いています。
 

(3)アイビーカット

 
髪を七三にきっちり分けて整えて流しているアイビーカットは、顔全体を露出することが出来るヘアスタイルとなります。ビシッとして清潔感があり知的で精悍な印象を与えることが出来るので、ビジネスの場で髪をしっかりまとめたいという方に向いています。ヘアリキッドを利用すると髪に適度なツヤを出すことが出来ます。
 
 

ヘアリキッドを使う際の注意点

 
ヘアリキッドを利用する場合に注意するポイントが、頭皮に付着しないように気をつけることです。ヘアトニックとは異なりリキッドは毛穴詰まりを引き起こしてしまう原因となるので、髪全体になじませた後はコームやブラシを使用すると適量でも綺麗に整えることが出来ます。ナチュラルな雰囲気にしたい場合は、量を調節して毛先中心になじませることが大切です。
 

まとめ

 
ヘアリキッドは髪全体にツヤとまとまり感を出すことが出来る特徴を持っています。がっちり固めるスタイリング剤と異なり、ふんわりとボリュームのある自然な仕上がりにしたいという方に向いているスタイリング剤です。髪質やヘアスタイル、香りなど自分の気に入る商品を見つけることが大切となります。