【2019最新】美容師が選ぶヘアマスクのおすすめ10選

シャンプーやコンディショナーだけではなく美しい髪を保つためには重要なアイテムがヘアマスクです。

アシスタント
特におしゃれに敏感な女性の間ではマストアイテムになってますよね!
美容師
ただトリートメントの違いが分からないし、種類が多くて何を選べば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回はヘアマスクの特徴、選び方やおすすめの商品をご紹介します。

 

ヘアマスクとは?

 
ヘアマスクと聞くとヘアケア商品であることは分かるものの、具体的な使用目的が分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。ヘアマスクは髪のダメージを補修し、保護するために使うものです。そのため、髪の毛に塗って数分放置してから洗い流すことで、髪の内部に栄養や補修成分よりが多く浸透するようになっているのが特徴です。美容成分をたっぷり髪全体に届けられるようになっているため、ダメージヘアの改善を目的としているものが多いですが、くせ毛などの悩みを改善に対応しているようなものもあります。
 

ヘアマスクとトリートメントの違いについて

 
ヘアマスクとトリートメント、どちらも髪をケアする商品ということは分かるものの違いについては分かりにくいものです。これらに近いと思われがちなのがコンディショナーですが、コンディショナーは髪をコーティングするのが目的なのに対し、ヘアマスクとトリートメントは髪の栄養補給をすることを目的としています。そのため、どちらも傷みを改善する効果が期待できるのですが、より効果が高いのがヘアマスクと考えてください。メーカーにもよりますが、ヘアマスクはより多くの美容成分を含んでいることが多いですし、数分間つけたまま放置するため成分がたくさん浸透し、傷みの改善が期待できます。
 

ヘアマスクはプレゼントにもおすすめ!


 
傷みの補修効果が高く、特に女性の間で自宅でのヘアケアのマストアイテムとなっているヘアマスクはプレゼントにもおすすめです。その理由は、よりリッチなケアができるということもありますが、高級感のあるおしゃれなデザインのものが豊富にあるからです。パッケージがおしゃれなものを選べば、見た目だけでも気分があがり贈り物として喜ばれます。さらに、見た目だけではなく実際に使えば高い補修効果が見込めるため普段よりワンランク上のケアができるとなれば、美容面でも嬉しいので、髪のダメージを気にする女性には最適のプレゼントと言えるでしょう。

ヘアマスクの選び方

 

(1)シリコンの有無

 
せっかく髪に良い成分がたっぷり含まれているアイテムでも、髪のお悩みに合っていないと十分な効果を感じられないこともあります。そんなことのないように選び方のポイントをおさえておきましょう。そこでチェックしていただきたいのがシリコン有無です。最近はノンシリコンが良いと言われシリコンに悪いイメージを持たれがちですが、シリコンにも良い面があります。シリコンは傷んだ髪をコーティングして指通りを良くしますし、重めに仕上がるためしっとりした仕上がりにしたい方にはおすすめなのです。一方、軽い仕上がりにしたい方にはノンシリコンのタイプが良いでしょう。
 

(2)オイル配合のタイプ

 
様々な成分が入っているヘアマスクですが、乾燥による傷みで潤いが失われてしまったパサつきには植物性オイルを配合しているものがおすすめです。配合されている植物性オイルは、主にアボカドオイルやホホバオイル、オリーブオイル、ヒマワリオイル、シアバターなどです。乾燥というと冬をイメージされるかもしれませんが、夏は直射日光による紫外線が原因で乾燥するため、乾燥対策は一年を通して必要になります。夏でもパサつきが気になるという乾燥の悩みがある場合は、植物性オイルを配合しているかどうかを確認しておくと良いでしょう。
 

(3)ダメージ補修成分


 
髪の仕上がりだけでなく傷みを改善する効果を期待するのであれば補修成分にも注目しましょう。見ていただきたいのは「ケラチン」や「パンテノール」などが入っているかです。ケラチンは髪の主成分といえるもので、傷んでいる髪はこのケラチンが不足していると言えます。その不足している部分をヘアマスクで補うことで傷みを改善できるのです。次に、パンテノールは髪の栄養となるもので、高い保湿力、補修効果が特徴で、持続的なツヤやハリを与えることができます。特にダメージが気になっているという場合は、これらの成分が含まれているか見てみましょう。

 
 

ヘアマスクのおすすめランキング10選

 

(1)モイスト・ダイアン ヘアトリートメントマスク エクストラダメージリペア

メーカー ダイアン
価格/内容量 980円/200g
シリコン ノンシリコン
商品特徴 Wの「ケラチン」を始めとする高保湿成分が髪の表面のキューティクルから内側の芯まで補修

こおヘアマスクの注目ポイントは補修効果の高さにあります。アルガンツリー、バオバブ、サボテンやマンゴーなどの植物性オイルの中でもレアオイルといわれる希少価値の高い成分を配合しつつ、髪の主成分のひとつであるケラチンを配合しているため、使っていく中でダメージを忘れるなめらかで、ツヤのある髪に導きます。パサついてしまった傷みに効果的な植物性オイルが入っていますし、傷んだところを修復してくれるケラチンが入っています。パーマやカラーを繰り返している髪は乾燥が気になりやすいものです。パサつきが気になっているという方に試していただきたいですし、パーマやカラーの繰り返しで傷みが気になっている髪には特におすすめしたい商品です。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(2)パンテーンクリニケア 髪のうねり・くせ用 ヘアマスク

メーカー パンテーン
価格/内容量 3964円/150g
シリコン シリコン入り
商品特徴 うねり・ごわつきのある髪に内側まで働きかけ、落ち着きのあるなめらかな髪へ導くヘアマスク。

髪内部に深く浸透し、髪になめらかさを与えるくせ毛用トリートメントとして販売されています。うねりやごわつきに悩んでいるという方に向いている商品です。
髪内部に働きかける成分を配合することで、髪に落ち着きを与え滑らかな仕上がりとなります。
補修成分のパンテノールによって潤いを保ちながらも余分な水分はブロックしてくれるため、湿気によるうねりも気にならなくなります。
シリコンが含まれているタイプのマスクであるため、指通りがなめらかになり、素直にまとまる髪へと導いてくるのでうねりやくせ毛でお悩みの方におすすめです。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(3)いち髪 プレミアムヘアパック 補修&予防Wケア

メーカー いち髪
価格/内容量 642円/180g
シリコン シリコン入り
商品特徴 和草のちからで、補修&予防する予防美髪ケア

いち髪は「予防美髪」の考えに基づき作られているもので、ダメージの修復だけではなく傷みにくい髪を育てることで様々な悩みを解決しようとしています。パサつく髪、ツヤやハリが失われてしまった髪、切れ毛は弱くなってしまった髪に起こりがちな問題です。これらの悩みを補修しつつ、健康な髪を育てることで美しい髪を実現します。水分不足の髪に嬉しいエゴマオイルやクルミオイルなどの植物性オイルの入ったマスクです。濡れた髪は刺激を受けやすい状態になっていますが、濡れた髪を保護する成分にすることで傷みを予防してくれます。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(4)アロマキフィ(AROMAKIFI) モイスト&エアリー リペアマスク

メーカー ビジナル
価格/内容量 1620円/180g
シリコン ノンシリコン
商品特徴 失われたタンパク質形成するアミノ酸誘導体を新配合し、髪の内側に栄養を補強することで、ハリ、コシ、ツヤある髪へと導く

アロマセラピー専門会社が開発したヘアケアシリーズです。髪の成分であるタンパク質は傷んだ髪から失われていきます。その失われたタンパク質を作るためのアミノ酸誘導体を配合し、髪を補修していくマスクです。アロマセラピー専門会社ならではと言えるのは天然精油のみを使用した香りの違いと、植物由来成分だけで作られた有効成分の効果です。天然精油のみで生み出された香りをバスルームで楽しめるためリッチな気分を味わいながら、髪の内部へと有効成分を補っていくことで髪のハリやコシ、ツヤを甦らせていくこができます。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(5)アハロバター リッチモイスト リペアディープマスク

メーカー ステラシード
価格/内容量 1137円/220g
シリコン シリコン入り
商品特徴 イダメージ集中ケアバターとこっくりミルク仕立てのこっくり濃密バターマスク

アサイー、アルガンオイル、ククイナッツオイル、アーモンドオイルなどの植物由来のオイルとマヌカハニーをミルク成分で仕立てた濃密バターマスク。
髪の内部とキューティクルをそれぞれケアすることができ、特にダメージが気になる方には、シャンプー、トリートメントとの併用がおすすめです。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(6)ルベル イオ ディープマスク (ヘアトリートメント)

メーカー ルベル
価格/内容量 1928円/170g
シリコン シリコン入り
商品特徴 クセとダメージが気になる髪を隅々まで集中的にケアし、毛先まで扱いやすく仕上げる

このマスクの注目ポイントは撥水効果の高い水添ポリイソプテンです。水添ポリイソプテンを使っているため、ダメージから髪を守る効果が高く、サラサラな仕上がりとなるヘアマスクです。天然由来の植物の油分で内部からの補修を行いながら、外からのダメージから守ります。サロン専売品のため購入するのは提携しているヘアサロンかネットからのみとなりますが、髪を守るカバー力のその効果の高さから多くのヘアサロンで取り扱われています。プロが認める品質のヘアマスクはダメージヘアを改善したいお悩みを持つ多くの方からの人気を集めています。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(7)オルジェノアPヘアマスク リッチリペア

メーカー Relux&Co(リラックスアンドコウ)
価格/内容量 1337円/180g
シリコン シリコン入り
商品特徴 傷んだ髪をオーガニック成分で集中補修し強く健やかな髪へ導く

8種類のオーガニック認定成分やリッチリペアオリジナルブレンドのホホバエキス、パールエキス、髪の主成分であるタンパク質を作るのに欠かせないアミノ酸成分を11種類配合したヘアマスクです。これだけ多くの美容成分が入っているマスクはまさに髪の「美容液」と言えます。リラックス効果のあるホホバエキスと髪の輝きを出すパールエキスでダメージを補修します。シャンプーやコンディショナーをラインで使用することで毛穴の汚れをしっかりと落とし、髪にしっかりと栄養を与えハリとコシを生み出し、髪を傷みから守ってくれます。
 
公式ページはこちら

 
 

(8)ボタニスト BOTANIST ボタニカルヘアマスク

メーカー i-ne
価格/内容量 1836円/120g
シリコン シリコン入り
商品特徴 植物由来成分85%以上、植物由来原料9種類配合、Wフレグランス(ラズベリー&アプリコット)

自然の恵みでから生まれた植物由来の美容成分を存分に使用したヘアケアラインが人気のブランドです。マスクというとダメージを受けた髪の修復というイメージが強いですが、これは髪内部に栄養と潤いを与えながら、ドライヤーやアイロンなどの熱のダメージから髪を守る効果もあります。その効果は天然のアボカドオイルによるもので、熱に弱い髪への効果は感じられやすいです。このヘアケアラインはフルーツやエッセンシャルオイルの香りの良さも評判がよく、シリーズで使って香りが楽しめるというのも人気の秘密です。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(9)フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク

メーカー 資生堂
価格/内容量 1135円/230g
シリコン シリコン入り
商品特徴 6種類の美容液成分を凝縮、痛みきった毛先まで、しっとりとなめらかでスルスルの指触りに仕上げる

化粧品メーカーの資生堂が作ったヘアマスクで、「髪にも肌と同じ上質なお手入れを」という思いから作られました。傷んだ髪の補修をしながら、健康な髪へと導いていくマスクで、ケラチンを作るアミノ酸とローヤルゼリーとPCAが入っています。ローヤルゼリーにはビタミンが配合されていて髪への栄養を補い、PCAの効果で髪を引きしめます。プチプラで手が出やすいお値段で「安かろう悪かろう」と思ってしまわれるかもしれませゆが、そのようなことはなく、これらの美容成分の効果の高さからリピーターが多くいるヘアマスクです。安いので一度試してみても良いのではないでしょうか。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

(10)カラーズ アルジェラン オーガニック ゴールデンホホバ 集中ヘアマスク

メーカー カラーズ
価格/内容量 1620円/220g
シリコン ノンシリコン
商品特徴 極潤植物オイルが傷んで広がる髪を密閉補修

植物由来の美容成分でダメージを集中的に直していくヘアマスクです。保湿力の高い天然のオーガニックゴールデンホホバオイルやマカデミアナッツオイル配合で、乾燥から髪を守ります。髪は乾燥するとキューティクルが開き、潤いが逃げていってしまいますが、これらの油分が潤いを逃さないようにしています。ホホバオイルは人の髪や肌に馴染みやすいのも特徴です。そのため傷んできた髪は効果を感じやすくなっています。保湿成分は植物のオイルが使われているのでべたつきにくく、髪の細いかたでもフワッとした仕上がりになるのもこの商品の特徴です。
 
Amazonで詳細を見る

 
 

ヘアマスクの使い方

 
美容成分の効果に頼るだけではなく、綺麗な髪になるためには使い方も重要です。順番は次のように使います。
 

  • ①シャンプーをする
  • ②髪の水気をしっかりきる
  • ③毛先から揉み込むようにマスクをつける
  • ④髪の中間あたりから毛先まで手ぐしでとかす
  • ⑤時間があれば5~10分程度おいてから流す。
  •  
    髪の水分が十分にきれていないとマスクが水分とともに流れてしまい浸透しません。美容成分がたっぷり入っているのですぐに流しても効果はありますが、時間をおくことで髪全体に行き渡るので、なるべく時間をおくようにしましょう。ホットタオルでターバンをして湯船に浸かっていると、高い効果が得られます。コンディショナーを使う場合はヘアマスクを流したあとに使ってください。コンディショナーも開いたキューティクルを閉じる目的がありますが、ヘアマスクの方が補修力もありますし、美容成分がたくさん入っています。先にコンディショナーで髪を引き締めてしまうとヘアマスクが入りにくくなってしまうからです。
     

    ヘアマスクは毎日使っても良い?最適な頻度は?

     

    アシスタント
    コンディショナーやトリートメントより髪に良い成分がたっぷり入ったヘアマスクは使えば使うほど綺麗になるように思えますが、毎日使っても良いものなのでしょうか。
    熊倉
    ヘアマスクは髪の不足した栄養を補うような役割を持っているため、毎日の使用は髪がべたつく原因になる場合があります。ダメージの状態にもよりますが、使用頻度は週2,3回が良いとされています。毎日の使用に適しているリンスやコンディショナーとは成分、目的が違うため、頻度が高すぎても髪の状態によっては、逆効果となることがあるのでご自身の髪の状態を見ながら使うようにしましょう。
     

    まとめ

     
    ヘアマスクについてご紹介しました。美容成分たっぷりのアイテムで髪のお手入れをしていると、リッチな気分になってバスタイムも特別な時間に感じられるのではないでしょうか。自分の髪に合ったマスクを見つけられれば髪はどんどん綺麗になり、ヘアケアも楽しみな時間に感じられます。使い方次第で効果は変わってくるので、今回ご紹介した方法を参考にヘアマスクを使ってお気に入りのものを探してみてください。